このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

-Guerre De Feit-第3部最終戦争編

小説 SF

-Guerre De Feit-

-Guerre De Feit-第3部最終戦争編

ラミア・ラヴレス

"戦争"とは何かそしてその裏に隠された"真実"とは何か……第3部最終戦争編、終劇

休載中

236ページ

更新:2011/08/04

説明

G.E.998…イーゼル=グランダーナが設立したノーク軍(新組織秩序連合)は冥王星付近で未確認勢力(後にジータック軍(混沌なる地球)と判明)と初の戦闘を行った。
G.E.999…ジータック軍により太陽系(金星から太陽を除く)を占領。ジータック軍との本格的に戦争を開始。
G.E.1000…ノーク軍がシドニー基地を強襲。ルッカーと名乗るジータック軍裏組織軍が奮起、ノーク軍とジータック軍の合同軍を一時的に結成。撤退にまで陥らせ撤退させる事に成功。イーゼル=グランダーナが雲隠れする。
この戦争により世界に混乱という悪雲を残していった…
アンチブレイン、ブレイン、ルッカー…これらを動かしている人物がいる事を誰も知るよしもなかった。
そして千年前の戦争と今まで起きた戦争との共通点も…
G.E.1003…今ここに千年前の戦争で何が起きたのか。これらの戦争を裏で糸を引いていた黒幕とは何者か。バルスという人物が何者か。戦争で渦巻く様々な謎が明かされる。
そして戦争という永遠永劫の輪廻に終止符が打たれる。
 
第3部の構成
 
異世界編…遥けき異世界~近くて遠い世界に~
 
過去編…千年前の戦争~かつてからこれからへ~
 
終焉編…最終戦争~刻を越えた遥かなる戦い~

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

ラミア・ラヴレスさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません