このページのリンクアドレス

エブリスタ
3ポイント・ホームラン!

小説 恋愛

3ポイント・ホームラン!

3ポイント・ホームラン!

篠原愛紀/八生愛綺

(1)

好きの大きさも形も、選べない。 思うのも思われるのも苦しくて。

完結

203ページ

更新:2018/07/26

コメント:ピュアラブ小説大賞最終候補に選出ありがとうございます。

説明

素敵なイラストはヨシタニユキコ様
ーーーーーーーーーーーーーーー

私たちはいつまでも良い子な幼馴染みでは居られないんだ。




中学最後のバスケの試合。


怪我をした私を抱き上げて運んでくれたのは、――幼馴染みの太一(たいち)だった。


もう一人の幼馴染み、奏人にずっと片想いしてる私を支えてくれた太一。




「深雪を助けたのは、俺じゃないよ」


「……え?」

そんな小さな嘘を太一は吐いた。



――それが始まり。

「――俺、やっと分かった。深雪の事が好きってさ」

奏に抱き締められてる。


振り回されて、それでも好きで……。でも伝えられなかった。




片想いし続ける事も、思われる事も苦しい。



けれど止まらない……。


野球部キャプテン
凪沙 太一(なぎさ たいち)

バスケ部キャプテン
新道 奏人(しんどう かなと)

バスケ部マネージャー
崎谷 深雪(さきたに みゆき)


3人の幼馴染みの関係が今、崩れていく。



「――もう奏人には、譲らない」

この作品のタグ

作品レビュー

篠原愛紀/八生愛綺さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント