このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

マメツブ

小説 ライトノベル

マメツブ

マメツブ

world

あ、結構です。

休載中

10ページ

更新:2014/09/05

説明

俺はとある市にすむ普通の青年であることを自負している。

凄く良いことをした事は?

って質問には、財布を交番迄届けた事がある、と答えるだろうし、

また逆に、凄く悪い事をした事は、との質問には、小学生の頃にやった百連ピンポンダッシュの事を答えるだろう。

頭の出来は、テストで言うと大体平均点からプラマイ五点をさ迷う位だし、

運動は短距離走と握力以外はほぼ平均値。

女子にモテたことはあまり無いけど、何故か男にはモテる…

そんな自分評価で至って普通の俺事

真嶋 晃《まじま あきら》

は入学式の最中で、

「…君、良い力を持っているね。よし!採用!」

「…は?」

謎のチビッ子女子に採用された。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません