このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

森羅万象によって区切られた世界の生徒会

小説 ファンタジー

森羅万象によって区切られた世界の生徒会

森羅万象によって区切られた世界の生徒会

混合 順

空の無いこの場所で、僕達転校生は羽ばたこうとしていた

休載中

317ページ

更新:2014/09/08

説明

命を持った様々な形をした機械が大量に現れ、荒廃した地上を捨てた人類は地中にこもった。
ただ、それは機械から逃げたのではなく、どちらでもよかったから。
変化した世界では機械だけではシステムが崩壊し、有機体だけでは生命を維持できない世界。
進化した生命達は皆、機械としてのシステムを体内に持ち、現れた機械達の力を己の力とできた。
様々な力を持った機械達が現れても、人類は機械に対抗できたのだ。
しかし、遂に誰も考えもしなかったシステムを持つ機械が現れた。

対機械用の人間を育成するための学校には七人の転校生がいた。
そしてその学校にはその生徒達が活動する生徒会があった。
夏休みを目前に夏休みの活動内容と課題の量にやる気の出ないそんな一同の前に八人目の転校生が現れた。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

混合 順さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません