このページのリンクアドレス

エブリスタ
第1話

小説 歴史・時代

斬屋顛末

第1話

木下望太郎

一人芝居形式で語る、落語風時代ものコメディ。

完結

7ページ

更新:2014/08/05

説明

 金次第で人を斬る、斬屋へ舞い込んだ奇妙な依頼。それは依頼主の刀で依頼主自身を斬れというものだった。が、斬ろうとするたびに話が妙な方へ……。
 江戸時代を舞台に一人芝居形式で語られる落語風コメディ。
 殺し屋VSニート、in江戸――。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

木下望太郎さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません