このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

鬼畜と天然は紙一重

小説 恋愛

私って、変態ですか?

鬼畜と天然は紙一重

スプリング

なんだか、先輩のせいで、私エスに目覚めそう…

休載中

113ページ

更新:2015/12/06

説明

比較的、裕福層の少年少女達が集まる学園、

私立白崎学園高等学校。


そして、白崎学園高等科にはある有名な制度がある。


『特別総合学年』


学年のたった一人だけが選ばれる特別な生徒。

学力

運動神経

履歴


学園が提示するこの3つの基準を満たした優秀な者が選ばれる。


……でも、


この特別総合学年、マトモな人がなるとは限らない。



 「―…え、何あのエロい体。それに…あの目!―あぁ!?なんであんなに真面目にかっちりと制服を着てるの!鎖骨が見えないよ!?もっと適度に着崩して!!」


 「…まひる。もう少し特総に誇りを持て。」


この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

スプリングさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません