このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

ポリスゲーム 『果たされる約束』

小説 ホラー

ポリスゲーム

ポリスゲーム 『果たされる約束』

チャンヨツ

友を落とし、生き延びるか...... 自ら落ちて、友を生かすか...... 連載中

休載中

28ページ

更新:2014/10/07

説明

人狼ゲームを元にした小説になります。

ある田舎町の同年の成人男女17人が命をかけ"ポリスゲーム"を行う残酷心理なゲーム。

此方にも記載しますが、ルールや説明も描かれておりますので、分からない方でも是非とも御覧頂けたら幸いです。

4陣営に分かれてもらい、各陣営、勝利条件を目標とし行ってもらいます。

-警察陣営-
殺人鬼の全員追放。暗殺者の追放か、夜に情報屋が調べ追放。計11人

-殺人鬼陣営-
警察を残った殺人鬼と同数、又はそれ以下の人数にする。暗殺者の追放。計4人

-暗殺者陣営-
警察陣営か殺人鬼陣営が勝利条件を満たした時、存在している。計1人

-死刑囚陣営-
他の陣営が勝利条件を満たす前に、自分が追放される。計1人

14時から会議場で話し合い、追放投票。
17時にて、追放。
 ↓
23時までに、全員が部屋へ入室。
23時半から0時まで、情報屋・検死官・刑事の行動時間。
0時から1時まで、殺人鬼・看守の行動時間。
 ↓
9時、会議場にて犠牲者確認(確認後、10分以内に会議場から退室)
 ↓
14時へ。

-警察-
特に、何も能力を持たない者。

-情報屋-
生存中1名人の情報を調べられる。殺人鬼を調べると黒、その他の陣営は白と情報を得られる者。
暗殺者を調べると、その時点で追放出来るが情報は白と判定されているので、朝に死体が1人だと、確定が困難となる。

-検死官-
追放・殺戮された者から情報屋同様に黒か白と、情報を得られる者。

-看守-
夜に生存者から1人を選び、殺人鬼の襲撃から守る事が可能な者。しかし、自分を守る事は出来ない。
死刑囚が誰だかあらかじめ特定している。

-刑事-
2人おり、その2人はお互いが刑事だとあらかじめ分かっている者。確定の警察陣営であり、夜に電話で、会話が出来る。

-殺人鬼-
夜に、警察陣営から1人襲撃し殺戮する者。ただし、暗殺者と死刑囚を襲撃しても失敗する。
襲撃失敗になっても、看守護衛・暗殺者襲撃・死刑囚襲撃かは不明。

-暗殺者-
ゲームが終了するまで、生き延びるよう身を潜める者。夜も姿を潜める為、襲撃されないが、情報屋に調べられると即追放。

-死刑囚-
願わくは追放され、自由を求める者。夜は牢屋に入っている為、襲撃されない。看守は死刑囚が分かるが、死刑囚は看守が誰かは不明。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント