このページのリンクアドレス

エブリスタ
関ヶ原の戦い  井伊直政 徳川家康

小説 歴史・時代

戦国史に想う エッセイ 

関ヶ原の戦い  井伊直政 徳川家康

知徳

井伊直政の先駆と徳川家康の目的を、 私なりの解釈でまとめさせて頂きました。

完結

12ページ

更新:2014/08/11

説明

関ヶ原の戦いについては、テレビや本、ウィキペディアなどで、詳しく紹介されていますので、
井伊直政の先駆けと、徳川家康の目的について私の考えを述べるというところに重点を置いて書いてみました。

歴史は、資料から推測するしかありません。
それは、人によって千差万別、推測も捉え方も違います。
特に、歴史上の人物がどんな人で、その時何を考えていたのかは、
本当の本当は、分からないのですが、実際はどうだったんだろう?と、あれやこれや推測するところが歴史の楽しさだと私は、感じます。


人の数だけ歴史の解釈があるという事で。
こんな風に考える人も居るんだなという気持ちで読んで頂けたら有り難く思います。  







この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません