このページのリンクアドレス

エブリスタ
幻想黙示録

小説 ファンタジー

幻想黙示録

幻想黙示録

雅山

世界は一度滅んだ一度滅び、そして新たな世界が生まれた

完結

61ページ

更新:2014/10/09

説明

かつて世界は、文明の発展による繁栄の時を迎えていた。

しかし、その繁栄の時にも終止符が打たれた。

繁栄の一途を辿り続けてきた世界は、フォトンベルトに包まれ、世界中のありとあらゆる所で天変地異が起こり、霊的な変化を齎したのだ。

霊的な変化、即ち、個々人が共有する固定概念が消失し、非現実的な事象概念や超常現象を有する人間の出現と共に、世界中に人ならざる者達、妖(あやかし)と亜人(動物と人間、若しくは動物と妖、人間と妖の混合種)が蔓延る混沌の地が、新たな事象として確立した。

2014/09/01
タイトル:夜の繁華街
内容若干変更

2014/09/03
タイトル:異能対策局本部
内容若干変更

この作品のタグ

作品レビュー

雅山さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません