このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

ハロー・ハローワールド

小説 ファンタジー

ハロー・ハローワールド

ハロー・ハローワールド

柴太郎

高校2年生の男の子が、そろそろやってくる進路の問題に悩むお話。

休載中

78ページ

更新:2014/10/16

説明

 高校2年生の主人公、成瀬 恵太が進路について悩む話。

 高校2年生といえば、そろそろ進路を考えて、大学受験の傾向対策までスケジュールを練り上げる時期がさしかけてくる頃である。

 しかし恵太には、相変わらず自分が何をしたいのかよくわからないまま、惰性で学校生活を送っていた。

「進路はどうするの?」

 個人面談でクラス担任にそう聞かれた恵太は、改めて真剣に高校卒業後の未来を考えるようになる。

他人の敷いたレールを歩くのはあまり好きじゃない。
 ボーっと生きているようで、根は割りかし真面目な性格なのだ。

 家に帰宅するなりベッドに寝転び、自分なりに将来設計を考える。

 しかし考えれば考えるほどドツボにはまっていく恵太君。そうこうしているうちにぼんやりと睡魔が瞼を重くしていく。

 目が覚めると、恵太は見知らぬ空と風景の中――まっさかさまに落下していた。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません