このページのリンクアドレス

エブリスタ
『能有る鷹の爪』の章

小説

俺が勇者になって世界救えばいいんじゃね?

『能有る鷹の爪』の章

EtEPoN

平凡な日常の最中。 俺の混沌の小宇宙にビッグバンが・・・! (要約:何か閃いた。)

完結

93ページ

更新:2015/09/22

説明

第四話[リンク]
第五話[ココ]
第六話[リンク]

ハイどうも。
今日もダラダラEtEPoNです。
最近あとがき(仮)で自虐ネタばかりになっててイライラしてます。
イライラダラダラ!

とか言ってるうちにも話は進んでいきます。
全く・・・私だって毎回ここでのんびりとお話させてもらってるんですから、最初の数ページくらい我慢してやってほしいものですねぇ。
あ、こっちの話です。
こっちの話(どっちだよ)。

さて、早速ネタバレになるんですが、この章題『能有る鷹の爪』とは・・・
何でしょうか!
え?知らない?
知らない???
はい。
分からないのが正解ですね。そう言うものですから。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

EtEPoNさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント