このページのリンクアドレス

エブリスタ
『令告無非の運命』の章 

小説

俺が勇者になって世界救えばいいんじゃね?

『令告無非の運命』の章 

EtEPoN

平凡な日常の最中。 俺の混沌の小宇宙にビッグバンが・・・! (要約:何か閃いた。)

完結

89ページ

更新:2015/07/19

説明

本編三話目[リンク]
本編四話目[ココ]
本編五話目[リンク]

ハイどうも。
ひねくれ放題EtEPoNです。
純粋だった頃に戻りた~~い・・・とか言いながら、実に単純な輩なのである。
思ったことがすぐ顔に出る。
油断してると嘘が筒抜けなんですよねぇ。
なので極力ひねくれよう(=油断しないでいよう)と言う発想になってる訳で。
まぁどうでもいいんですけどね。

今回は運命のお話みたいなものです。
決して「運命のお話」ではありません。
運命のお話「みたいな」お話です。
深い意味はありませんが・・・まぁ、多分分かってくれますよね。
分かってください。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

EtEPoNさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません