このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

APOCALYPSE/ZERO【Unlimited darkness】

小説 ファンタジー

アポカリプス/ゼロ

APOCALYPSE/ZERO【Unlimited darkness】

クドリャフカ

終わりを迎えつつある世界の黄昏時。少年は復讐を誓い、旅に出た。これは、旅の物語。

休載中

580ページ

更新:2015/02/20

説明

※二週間ロサンゼルスに滞在するため更新休止します。申し訳ございません。


 APOCALYPSE/ZERO
【アポカリプス/ゼロ】


“Unlimited darkness”
【アンリミテッドダークネス】




 大地が荒廃し、空が啼き、海がうねる、そんな世界の黄昏時。

 ヒトは、滅びゆく運命にあるこのセカイを、『黄昏の世界』と呼んだ。




 闇を帯びた物質を自由に創造できる少年――ヴェン・クラウスはある日、住んでいた村の人たちを惨殺されてしまう。

 犯人は漆黒の鎧を纏い、同じく黒い二振りの剣を扱う者。

 途方に暮れた少年は、心の痛みを復讐として駆り立て、旅に出る決意をする。

 身支度をしているとき、子を置いて出掛けたきりの義父の手記に、黒い犯人のことと思わしき手がかりが書いてあった。

 復讐を誓ったヴェンは、父が所属する騎士団があるという中央を目的地とした。

 道中で出会う仲間。

 彼らを旅のお供に、街へ街へと歩いていく。

 そして、少年は自分の力の正体に次第に気づいていく――

 これは、旅の物語。

 これは、黄昏を巡る物語。

 これは、ゼロに至る物語。




 ――父と犯人を探す、永い旅。
      それはまだ、
         始まったばかり――




□■□■□■□■□■□■□■




王道だけどダークで、どこか奇跡のような物語を書きたかったのです。

何だか似たような、学園モノとかばかりなので、少々毛色の違う作品にしたいと思います。

魔術とかの設定も、随時、物語の中で説明していきますので。

至らぬところはありますけれど、どうか暖かく見守ってください。

展開は遅めです。

最初はつまんないです。

だらだらやって、楽しませる工夫とかよりも自己満足でやってます。

あと修正量も半端ないです。

テーマは「出逢い」!

レビューや応援、読んだらぜひお願いします。

黄昏の世界を舞台にした、剣と魔術と国と商業の王道ダークファンタジー!

執筆開始 2014,9/30

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

クドリャフカさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント