このページのリンクアドレス

エブリスタ
流れる雲に、恋歌を

小説 恋愛

Eternity -エタニティ- シリーズ

流れる雲に、恋歌を

きたむら慧

(18)

【奈良県】JOURNEY OF LOVE STORIES 《完結》

完結

17ページ

更新:2017/02/05

説明

零央side『からくれないに、色づいて』[リンク]連載中。

悠木沙耶さん[リンク]主催 あなたの短編読んでみ隊[リンク]参加

素敵な表紙[リンク]は、春永えいさん[リンク]
イラストタイトル『unfailing』
意味は【信頼できる・確かな・誤りのない】または【尽きない・無限の 】
素敵な絵をありがとうございます!

サークル【恋愛図書館】
『JOURNEY OF LOVE STORIES』[リンク]に奈良県の作品として参加中。
☆.。.*・☆.。.*・☆.。.*・☆.。.*☆.。.*・☆.。.*・☆.。.*☆

この雲の彼方、遠い遠い空の向こうに

優しく微笑む愛しい幻影が浮かぶ。


ねぇ。風に乗せて、届けて。


私の想い、変わらない恋心を。



あなただけを、ずっと愛してる――――





2015年1月18日 公開

この作品のタグ

作品レビュー

春永えい
春永えいさん
【作品】Eternity -エタニティ- シリーズについてのレビュー

ネタバレ


突然、はじまるストーリー。
まるで小説の中盤から読みはじめてしまったのではないか、と思うようないきなりのテンポよい会話の連続。
登場人物の詳細もとくになく進む場面。

どうしてこうなった、という若干のとまどい。

けれど何がすごいって読者のその『とまどい』さえ、この作品の魅力の一つになっているってことです。

急なテンポの良さも、登場人物たちの関係性も、詳しい説明が何もなくても【おいてけぼり感】が全くなく、むしろ、次....次.......とページをめくらされてしまうくらいに、引き込まれていきます。

読み進めていくうちに、はっきりした説明がなくても
状況がわかってくるところが、慧さんの表現力の凄さですね。


後を追いかけるように読みすすめて、そしてラストページで気付くんです。

『あぁ。この作品は原点なんだなぁ』

って。

始まりでもあり、終着点でもある。
慧さんの伝えたい想いがギュッと詰まっている作品だと思います。

関連作品を読まずに読破したら、関連作品が読みたくなるし
読んでいたなら、もう一度読み直したくなる、そんな気持ちになりました。



切ない愛おしさってあるものなんですね。



読ませていただいてありがとうございました。
こんな素敵な小説の表紙に私のイラストを選んでくださって、胸がいっぱいです。

もっと見る

2015/09/09 00:52
コメント(2)

きたむら慧さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント