このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

最後の魔女は歌をうたう

小説

【平松可奈子 クリエーター募集企画】

最後の魔女は歌をうたう

想島 ショー

(1)

歌じゃ世界は救えないけど、魔女になれば世界を変えることができるの?

休載中

28ページ

更新:2014/10/10

説明

2×××年、東京に隕石が衝突して数十年、日本は、地球外生命体、『スパイダー』に国の半分以上の領土を奪われていた。


日本は、3つの国に別れ、カナコは、元北海道の大北海王国に逃げ延び生きていた。


カナコは、対スパイダー軍、『ファルコン』に入るための軍学校、ファルコン学園に強制的に通わされていた。


ここでは、対スパイダー戦の実習プログラムとして、スパイダーロボとの実戦が繰り返されていた。


スパイダーロボは、人を殺すようにプログラムされていた。


一緒に逃げていた仲間は散り散りになり、カナコは幼なじみのハルトと逃げていた。


仲間の危機にカナコは強い光に包まれ、過去の記憶を呼び戻したとき、奇跡が起きた……。



※平松可奈子さん クリエーター募集イベント参加作品
平松可奈子さんが見た夢の続きを作品化しました。


イベント紹介ページ[リンク]


イベント作品ページ[リンク]

この作品のタグ

作品レビュー

想島 ショーさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント