このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

R.P.G―Ragtag Parallel Gate―

小説 ファンタジー

R.P.G―Ragtag Parallel Gate―

水無月志穂

その日、宇宙がズレた。

休載中

40ページ

更新:2014/12/07

説明

その日、宇宙がズレた。特異点に位置していた俺は2chへの書き込みで自分と似た境遇の女性、HN「タキア」と知り会う。そのスレッドに書き込みをしていた犬麻呂を名乗る犬(中身は人間)を引き連れて俺はタキアの下を目指す。そこで俺は宇宙的規模の怪異がタキアの想像の産物であることを知る。人間の形をした生き物にはおぞましい何かが宿り、人間の精神は人間ではない生き物の体に置換されてしまった。おぞましい何かに侵食された両親の肉体を俺は破壊した。仮に人間以外の生き物の体を借りて両親の精神が保たれているとしても、彼らの還るべき容れ物はもうない。それは俺の罪だ。それを贖うために俺の冒険は始まる。愛と暴力と救済を巡るコメディタッチのシリアスライトノベル。思考に先んじる行動の勢いに呑まれよ!

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

水無月志穂さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント