このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

断罪士

小説

断罪士

断罪士

坂上 陽

肥大化し膠着しきった日本を救うため、総理大臣より新たな資格が提案される。

休載中

7ページ

更新:2014/10/07

無料

説明

2025年。日本は政府、国民共に肥大化し膠着化し続けていた。あらゆる組織で変革をできずに崩壊を待つだけとなった。時の内閣総理大臣大塚正信は、このままでは日本に未来はないと思い、国民に【特別組織断行改革滅罪推進士】という新たな資格の創設を提案する。その資格保持者はあらゆる組織の改革を行えるというものであった。一ヶ月後に国民投票により、この資格の是非を問うと大塚総理大臣は宣言するのだが・・・・・・

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません