このページのリンクアドレス

エブリスタ
001 氷の王子さまとその周辺

小説 ミステリー・推理

【 Painful‐candies 】

001 氷の王子さまとその周辺

のりあきら@再始動準備!

「ねぇ。子どもには何も判らないと思ってる?」大人に負けない、子どもの闘い。

完結

127ページ

更新:2016/02/05

説明

 『氷の王子様』の異名を持つ徳永誠は高校三年生。
日本での卒業を待たず、9月からは留学予定の彼は、さる財閥の御曹司だ。

 その彼が、突然、暴漢に刺され入院することに。

誰が、何のために彼を刺したのか?

 様々な大人の思惑が交錯するなかで、
誠が出会った6歳の少女、澪が、
 彼を導く先は……!

新ジャンル開拓なるか?!

 ロリータミステリーです!(ウソ。大ウソ!笑)

素敵なミラクル表紙は、ヨーさま[リンク]に、イベント[リンク]にてオネダリをいたしましましたッッッッ(凄すぎる!!!)

この作品のタグ

作品レビュー

Mawdel
Mawdelさん
【作品】【 Painful‐candies 】についてのレビュー

ネタバレ

どもー

推敲されていて感動しています。
引き続き推敲がんばってください。

私からノリさんに向けて一つだけいいたいことがあります。
決していじめをしているわけではなく、大賞に出ようとしているノリさんだからこその厳しい言葉を投げかけんといけないと思ったからです。

それでは言います。




























 いい加減文章の最初に一マスあけようか。
 大賞の選考の最初の関門は絶対に文章作法がしっかりしているかどうかのはずです。
 だからこんな「たかが一マス」で落ちる人いる。
 大賞にでるのであれば最低でも文章作法はしっかりしないと絶対だめです。
 大賞に応募するのなら賞はとりたいでしょう。とる気がなかったとしても、作法は作法。審査員の方々に見てもらうのですから、それぐらいの「マナー」はしないと。

 再度いいますが、決していじめているわけではありません。
 これからの執筆生活のため、そしてこれから来るであろう大賞に向けて執筆しているノリさんへの「激励」です。
 つかみはぜんぜんいいものなので、「作法がなってない。落選」なんていやですよね。
 だったら「マナー」を守って、審査員の方々に見てもらえるような文章を書きましょう。
 以上です。また何かこまったことになったらぜひ相談してください。協力は惜しみません。

もっと見る

2015/01/22 20:53
コメント(1)

のりあきら@再始動準備!さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント