このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

きんぎょや

小説 ファンタジー

きんぎょや

あかつき

(1)

一風違う和風ファンタジー開幕にゃん

休載中

24ページ

更新:2015/03/14

説明



【金魚屋】

きんぎょや ではない。

正しくは かねうおや である。


だがいつしか町では、きんぎょや という怪しげな小さな店として有名になっていた。宿を探していた一人の旅人が金魚屋を訪ね、後日町民に吹聴したせいだった。


『あそこには、髪を金色に光らせた、目を赤い縁で覆った化けもんが居る』

『茶に何か混ぜられて、翌朝目が覚めたら、草っぱらで気絶していた。金目のもんは全部パアだ』

『あそこには、絶対に近づかない方がいい……あれは、化け狐か何かだ』


有名だからと言って……

いや、有名になったからこそ、その不気味な店には誰も寄りつかなかった。

しかし

何も知らぬ第二の旅人が、金魚屋の戸を開けたのだった……


木造屋敷が建ち並び、馬車が行き交う明治時代風の世界を舞台にした、和風ファンタジーエンターテイメント浪漫シリアス、エロチックあり金魚宗龍が、相棒、敷楽臣と共に、善を助け、悪をぶった切る

表紙画像著作者:kick Back


少なからず作者は腐っているので、BL要素もあるかも知れませんが悪しからず。

この作品のタグ

作品レビュー

あかつきさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント