このページのリンクアドレス

エブリスタ
アルビノ依存

小説 ホラー・オカルト

アルビノ依存

アルビノ依存

翻 輪可

(6)

偽善者が俺からすれば、よっぽどサイコパスだよ

完結

168ページ

更新:2017/03/12

説明

1話1話、タイトルにはサイコパス診断があります。
読者の貴方は、普通の人?それともサイコパス?

最後まで読んでもまだ物足りない、と思う読者は続編をお読み下さい。
続・アルビノ依存[リンク](完結)

…………あらすじ…………

アルビノの少年である主人公 黒田 白亜(くろだ はくあ)。

彼はその体質が故に、過去に差別や偏見をクラスメートや家族から受け、虐げられてきた。

差別が行われなくなった高校生活の中、既に心身共に歪みきった彼は、両親を自らの手で殺害する。

だが、それはただの始まりでしか無かった。

突如部屋に不法侵入をした、謎の仮面の集団。

目的が見えない謎の取引。

ただ理解出来たのは、彼女が率いる組織が余りにも胡散臭いという事だけ。

翻 輪可がダークサイドストーリーに初挑戦!

…………………………

エブリスタ小説大賞2016-17 「eヤングマガジン リアルホラー&アウトロー賞」及び「双葉社 ライト文芸賞」最終選考進出!

※エロ グロ 両方の描写があります。

※ホラーですが、幽霊は出てきません。いわゆるサイコホラーです。


※何回も読み直しますが、この作者は軽度の活字障害ディスレクシアです。誤字脱字を見つけた読者の方はお手数ですが、コメント報告して頂けると助かります。(至急修正いたします)





表紙 はパネルにアクリルで描きました。
※現在我が家の仕事机の前に置いてある為、いつも見られてて怖い。

この作品のタグ

作品レビュー

翻 輪可さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント