このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

第1話

小説 ファンタジー

異世界の初心者執事

第1話

モフモフ野郎

瀕死になった所を助けて貰ったので恩返しとして取り敢えず執事になってみた。

休載中

110ページ

更新:2015/02/25

説明

幼なじみと妹と一緒に異世界に迷い混んだかと思えば急に離ればなれに!


何で僕だけ!?


全く、運が無い。

まぁ、昔からだしまぁいっか。

はてさてこれからどうなるのやら。


ん?あれ?この世界の住人さんかな?


ちょっと声をかけてみよう。








これが後の後悔になる事とも知らずに僕はその少女に声をかけた。






あのときに戻れるなら自分を殴ってやりたい。


いくら瀕死だったからと言っても血迷い過ぎた。

「お茶」

「少々お待ちを」

「ちっ、これ私が求めていたお茶じゃないじゃない!あんたの着けてる眼鏡は何のために有るのよ!!」



えぇ、眼鏡は関係ねぇーやん。

欲しいお茶の種類なんて言われてねぇーのにどうしろってんだよ、まったく。

はぁー、何で僕はあのときこんな女の子に助けをもと求めたのか........


成り行きとはいえこんな女の子の執事やらされるし、そのおかげで幼なじみと妹を探しに行けないしで最悪。


そんな話。


まぁ、最後までこんな僕の話に付き合ってくれるなら嬉しいよ、うん。


この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

モフモフ野郎さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント