このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

金色の孤狼

小説 恋愛

金色の美狼

金色の孤狼

ruby

『金色の一匹狼』 そう呼ばれる彼女と俺のお話。

休載中

49ページ

更新:2015/02/09

説明

『金色の一匹狼』

俺が新しく転入してきた学校には、そう呼ばれる1年生の女の子がいた。

こいつがまたとんでもないやつで


「変態変態変態!!最っ低です」

「や、ほんとに俺、なにもしてないじゃん…」

こんなのが日常茶飯事となっていた。


それでも彼女は俺に自分の弱みを見せてくれて…



こんにちは
そしてはじめまして
rubyと申します。

どうしても書きたかったこのお話。
みなさんも読んでみてください。

よろしくお願いいたします。


※毎日1~2ページ更新
執筆開始日2015年1月14日

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません