このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

俺はゾンビに殺されるわけにはいかない

小説

俺はゾンビに殺されるわけにはいかない

山中鹿之助

世界はたった1日で崩壊した。

休載中

21ページ

更新:2015/03/25

説明


────────死。


それは誰もが逃れられることのできない運命にある。


不老不死、植物人間等たくさんの都市伝説が存在している。


しかし、どれもが都市伝説の範囲を超えることはなかった。


第一次世界大戦では戦死者が1600万人出たと言われている。


日本の人口が2019年現在で1億人。


少子高齢化社会の原因により、日本の人口は下がっていた。


第一次世界大戦の1600万人は日本の人口でいう6分の1。


そう考えると、誰もがこの戦争の悲惨さが分かるだろう。



しかし────────1600万という数字を軽く超えた大災害が起きた。


バイオハザード。


謎のウィルスの蔓延。




人が人を喰う。




映画の中だけのことだと思っていた。


まるで信じられないようなことがおきた。起きてしまった。


世界の人口はたった1日で半分を切ってしまったのである。


信じられない?



そりゃそうだ。俺も信じられない。でも、信じるしかないだろ。


たくさんの人が目の前で死んでいったんだ。



それでも俺は生きる。絶対に。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

山中鹿之助さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません