このページのリンクアドレス

エブリスタ
君の辞書、俺の名に栞

小説 恋愛

君の辞書、俺の名に栞

milktea

(3)

図書室の窓際、君を見つけた。俺の心は奪われたけれど、君はまだ、俺を知らない。

完結

170ページ

更新:2015/01/14

説明

そのページが終わったら

視線を上げろよ

何度も心で思う言葉は 

一体いつになったらこの口から零れ落ちる?


思うだけじゃ伝わらないなら

いっそ君の生活に溶け込もう

まずは何から行こうか

そしたら、それは、

俺の、名前

この作品のタグ

作品レビュー

milkteaさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント