このページのリンクアドレス

エブリスタ
たとえ月が沈もうと……

小説 歴史・時代

たとえ月が沈もうと……

たとえ月が沈もうと……

кagari

(1)

「……ポッキー食べたい」

完結

348ページ

更新:2017/03/18

説明

※応援特典なるものを作ってみたんですけれども……っていう呟き。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

もしも……なんて話は、実際起こったら、そりゃ驚いて何も言えなくなるよね。

うん、もしも……なんて話は、
想像してる時の方が、幸せなのかもしれない。。。


鹿津 柚 21歳

落ちました。

幕末に。……恋に。。



~~~~注意事項 必須~~~~

※新撰組

※史実無視ッッ!!

※言動は現代化して書きます

※文才?ないです。妄想族の処女作・駄作

※作者、ガラスのHeartを持つので、Heartが砕けたら、書きません




1/15~ 執筆開始
1/18~ 公開開始
2/2 完結

公開から約2週間。
走馬灯のように、足早に完結……。




この作品のタグ

作品レビュー

кagariさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

スターを投げるとサポーターポイントを獲得できます。

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません