このページのリンクアドレス

エブリスタ
生贄〈スケープゴート〉はメエと鳴く

小説 ミステリー

双峰にましますメノウ様。

生贄〈スケープゴート〉はメエと鳴く

つぐる

殺人妄想癖のある百目鬼くんと神様扱いされて困ってる瑪瑙くんの苦悩談。

完結

243ページ

更新:2017/06/21

説明

何故か、
殺人と誘拐の疑いを掛けられてしまった百目鬼は、癖である殺人妄想を抑えつつ、二人の友人と共に無実の証明に取り掛かる。



その一方、
双峰町で人々に崇められながら依代として生きてきた瑪瑙は、再び起きた神隠しに対峙することで、失われた過去を取り戻そうとする。

それら二つは妙な所で絡み合い、最後には異様な模様を描く――。

瑪瑙が百目鬼の前に立ち現れる時、全ては終わる。





ライト何だかよく分からないが、長広舌が酷い信仰ミステリー。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

つぐるさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント