このページのリンクアドレス

エブリスタ
東堂兄弟の探偵録1~アントリオンの定理~

小説 ミステリー

東堂兄弟の探偵録~日常編~

東堂兄弟の探偵録1~アントリオンの定理~

東堂薫

(16)

山奥の洋館。遺産相続人を決めるゲームは、やがて本物の殺人に…

完結

250ページ

更新:2018/05/07

コメント:最高カテゴリランキング7位(*^▽^*)♪

説明

念写のできる兄の猛と、僕、薫の最初の事件。

ある日、見知らぬ人物から送られてきた招待状。
かつての恩人の孫に遺産を相続させたいむねが書かれていた。

呼ばれて行ったのは山奥の洋館。
そこには、僕らの他にも大勢の相続人候補がいた。全部で十二人。

相続人はこれから始まるゲームの勝利者がなるのだ。

殺人に見立てたゲームを制するのは、誰なのか。

だが、やがて、それは起こった。
ゲームのはずの殺人が、本当になってしまったのだ。

洋館に監禁された候補者たち。
このなかに、殺人犯がいる……。


東堂兄弟の短編シリーズも好評です
[リンク]

もうひとつの長編シリーズ、東堂兄弟の探偵録 出雲御子編。第1話『不自然なトカゲ』[リンク]

この作品のタグ

作品レビュー

東堂薫さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

この作品の参加イベント