このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

幕末斬。 池田屋事件 篇。

小説 歴史・時代

幕末斬。 ー バクマツザン。ー

幕末斬。 池田屋事件 篇。

もえ丸。

(3)

ねがわくは、桜のもとにて 春死なむ 如月の望月のころ。

休載中

122ページ

更新:2016/01/18

説明

幕末斬。コミック化!
黒嶋 那架様が描いてくださいました!→[リンク]
表紙、挿絵→青芋様
[リンク]
挿絵↓
P69[リンク]
P75[リンク]
P88[リンク]
P113[リンク]

※ 登場人物の名前はこの作品のモデルからもらったもので、人物の設定などはモデルに関係ありません。

舞台は1863年12月、幕末の京。

幼馴染み、柳田 茉美を長州藩に人質に捕られ間者として無理矢理働かせられた大野 遥香、西村 梨奈は長州の命令で新撰組に近付こうとする。
……だが間者だということがばれてしまう。
そこで、主人公の新撰組四番隊組長の宮内 萌浬に『長州に友人を人質に捕られていると監察方から聞いた。』と助け舟を出してもらい、遥香と梨奈は新撰組の間者として働くことになる。

- メインキャラクター -
宮内 萌浬 ミヤウチ モエリ
新撰組四番隊組長。
感情をあまり外に表さない。
名前は女っぽいが正真正銘、男である。名前の事を少し気にしている。
剣の腕は天才と呼ばれるほど優れているが学問などは全く優れていない。
藤堂平助、永倉新八、原田左之助と仲がいい。
色白で長い銀髪を後ろに結っている。
よく異人の顔立ちだと言われる。

大野 遥香 オオノ ハルカ
普段はおしとやかでメインキャラの中では一番女の子らしい。…が、怒ると恐ろしい。怒った時の口癖が『おい、ごら、ハゲ!』である。
小さい頃、萌浬とよく遊んでいたが、身分の違いということもあり突き放される。宮内家の使い人に暴行を受けそのショックで萌浬との記憶を失くしてしまう。新撰組の女中として働いている。家事はすべてできる。
長い黒髪を日本髪に結っている。

西村 梨奈 ニシムラ リナ
元気で明るい女の子。かなりの腹黒。
幼馴染みを長州藩に人質に捕られ長州の間者として新撰組に近寄る。
芸妓。猫かぶり。街で一、二を争う美人。運動は女としてはかなりできる。桃色の長い髪にりぼん着けている。

柳田 茉美 ヤナギタ マミ
真面目でいつも冷静な眼鏡をかけた女の子。
長州藩に人質として捕らえられている。
しっかり者なのだが、実はめんどくさがり屋。
人をいじるのが大好きなドS。
運動は全く出来ない。少し走っただけで息が切れる。
学問はかなり優れている。医者の娘。空色の長い髪を横にしばっている。

この作品のタグ

作品レビュー

もえ丸。さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント