このページのリンクアドレス

エブリスタ
霊感狂詩曲

小説 ホラー

霊感狂詩曲

揺藍

(6)

幽霊や霊能力って信じる ?私は、日常茶飯事です。

連載中

86ページ

更新:2018/08/21

説明

天涯孤独となった私を引き取ったのは、祖母の友人と名乗る「松源陽海」さん

引き取られた先の一家は、少し変わった人達だった。

陽海さん「住職兼和尚」

奥様は「ゆるふわ」

長男「イケメン副住職」

次男「ブラコン」


霊媒体質でちょっと「奇妙」なモノが見える私と松源家が奏でる狂詩曲---。


------------------

誤字、脱字などありましたらお手数ですが教えて下さい。

この作品のタグ

作品レビュー

菊地保尚
菊地保尚さん
【作品】霊感狂詩曲についてのレビュー

ネタバレ

一応更新分まで読ませていただきました。

105ページあるのが意外にもスイスイ読めたので、とても読みやすいと思います。

内容はカテゴリーが一応ホラー・オカルトの分野で正直、苦手ジャンルであまり乗り気ではなかったのですが、意外とそれほど怖い怖いという感じでもなく、寧ろほのぼのとした展開もあってとても面白かったです。

これならホラーが苦手な方でもお勧めできるかと思います。

ただ、個人的に気になったのが、……。の多用でしょうか。

間を作るときに用いるもので、必要ないときにも使ってらっしゃるのが気になりました。

それと、二重の鍵かっこ『これ』ですね。

普通は「」内のセリフを用いる時に使いますので、もしかしたら他の方にも指摘されるかもしれません。

あと、「」内で!?を用いる時は一文字ぶんスペースを開けねなりませんので、そちらもご高察いただければと思います。

物語についてはまだまだ先がありますので、具体的なコメントは控えておきます。

でも、作者様の発想力ならきっとこの先面白い展開や出会いがあると思いますので、また時間があれば読みに伺おうかと思います。

◆ ◆ ◆ ◆

さて、本作はホラーながら主人公の魅力やよもぎちゃんなどの脇を占めるキャラのおかげで時に穏やかさやノスタルジックな気持ちにさせる内容となっております。

それと、イベントに参加して頂きまことにありがとうございます。

作者様の更なる発展を心よりお祈り申し上げます。

もっと見る

2016/08/27 23:37
コメント(1)

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント