このページのリンクアドレス

エブリスタ
ムツラボシ叶えて

小説 恋愛

ムツラボシ叶えて

(5)

VW企画☆

完結

15ページ

更新:2015/04/12

説明

 
 好きになったのは嘘なんかじゃない。
 夢で終わらせない奇跡が、すばるの星語りにはある。

* * *

サークル『エブリスタのなんか』
バレンタイン&ホワイトデー企画[リンク]

使用アイテム『チョコレート』

相方さん:流星ねーさん[リンク]
    『星の日に』[リンク]

 流星ねーさんのお話で先に胸キュンしてから読むのをおススメします。

この作品のタグ

作品レビュー

詠波-UTAHA-
詠波-UTAHA-さん
【作品】ムツラボシ叶えてについてのレビュー

ネタバレ

星のまたたきは永遠だと信じていたけれど、星々の中には、寿命の短い星もあるのですね。

調べてみると、すばるの星々は若い星だそうです。
青白く群れる、若く命短き星たちの輝きは、永遠だと信じていた日常を運命によって奪われた人々の命と重なって、冬の夜、ツンと鼻を突かれたような切なさを感じずにはいられませんでした。

誰にも見つけることができないくらいに高い場所にいたなっちの星を、いのりちゃんは信じ続けてちゃんと見つけてくれたんですね。
二人の強い思いが、神さまに奇跡を起こさせたのかもしれません。

もしくは、なっちの周りにいたすばるの星々。
なっちのご両親を含む、一緒に事故に遭われた方々からの最初で最後のプレゼントかもしれないな、とも思いました。
みんながもしかしたら、なっちといのりちゃんに希望を託したのかな。
そう考えると、もう切なくてたまりません。(すっかりご両親目線←)

二人の体に刻まれた星の奇跡を、すばるの星たちはずっと見守り続けていくのでしょうね。

素敵な星語りの奇跡を、どうもありがとうございました☆

もっと見る

2015/04/29 16:33
コメント(1)

斎 さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません