このページのリンクアドレス

エブリスタ
『十九時、駅前』

小説 恋愛 大人の恋

『十九時、駅前』

霧内杳@めがじょ

(1)

俺様なあの人にとって、私は一体なんですか……?

完結

103ページ

更新:2015/09/07

説明

……その日。
机の上に置かれたメモに戸惑った。

『笹岡へ  
 十九時、駅前
     片桐』
 
置いた人は片桐課長。
私の後ろを通りしな、
さりげなく折りたたんだ
このメモを置いて行った。

……これは一体、
どういう意味なんだろ?

首を、捻る。

なにかお説教、
とかだったら別に社内でいいわけで。

しかもなんでメモ?

普通だったら、
社内メールでもいいと思うし。

意味がわからない。
 

悩んだものの答えは見つからないまま、
終業時間になった。

更衣室で着替えて、
時間まで少しあったから、
持ってきてた本をぱらぱら。

******
続きは本篇にて。

******
エブ版とエブ+版とは微妙に違いますので、
よろしかったら両方読んでみてください。

エブ+版
【https://sp.estar.jp/series/25949/episode/356351】

この作品のタグ

作品レビュー

霧内杳@めがじょさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント