このページのリンクアドレス

エブリスタ
優しい光と妄執の闇(メモ的な台本書き?)

小説 ミステリー

優しい光と妄執の闇

優しい光と妄執の闇(メモ的な台本書き?)

栗原 宗

あの人の事故死は、小さな序章に過ぎなかった……

連載中

33ページ

更新:2018/12/12

コメント:表紙は、りうじさん[link:ilst_view?w=25038588]に描いて頂きました。ありがとうございます。

説明

小説の元ネタ。

ぐだぐだで、しつこいかも。


小説版は、イロエロ削ります。
(全年齢版)[リンク]


もとは、

紫貴(栗原 宗)

礼緒菜(礼緒菜さん)

の『メールなりきりチャット』が発端でした。

いつもの『いちゃこら』が
すんごい事件に発展。


現在進行中←

…………………………………


4年前、礼緒菜の目の前で起きた悲劇。
その2年後、新たな恋人を見つけ、幸せに過ごしてきた礼緒菜に迫る闇。



――ねえ。私もそっちへいきたいよ。何もかも投げ出したい。



紫貴の先輩検事の不審な事故死。
それから2年後に判る真相。

一人の人間として託されたモノはあまりにも大きくて。



――彼女を連れていかないで。
傍に居させて欲しいから。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

栗原 宗さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント