このページのリンクアドレス

エブリスタ
賢太郎事件帳(三)

小説 歴史・時代

賢太郎事件帳(三)

賢太郎事件帳(三)

篁はるか

京、西町奉行所配下医師、片瀬賢太郎は、街中でおときという娘を助けた。が、以前に見知ってい..

完結

9ページ

更新:2015/08/07

説明

京、西町奉行所配下医師、片瀬賢太郎は、街中でおときという娘を助けた。が、以前に見知っていた様子と異なり、慌てて賢太郎の師匠である折井玄庵のところへと運び込んだ。玄庵が不審に思い、詳しくおときの様子を探るようにと、奉行を通じて賢太郎は探りを入れた。何者かがおときに毒物を投与している節が見受けられたので、奉行は神山与力に探らせた。おときの家業を乗っ取ろうとする、同業の番頭が仕組んだことと分かり、おときは危ういところで命拾いした。賢太郎は、〝遺骸検め〟を書かずに済んだとほっとしたのだった。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

篁はるかさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント