このページのリンクアドレス

エブリスタ
賢太郎事件帳(七)

小説 歴史・時代

賢太郎事件帳(七)

賢太郎事件帳(七)

篁はるか

京、西町奉行所配下医師、片瀬賢太郎は、医師らしくもない推理で、数々の事件を解決してきた。..

完結

10ページ

更新:2015/08/07

説明

京、西町奉行所配下医師、片瀬賢太郎は、医師らしくもない推理で、数々の事件を解決してきた。
都の若い女の行方知れずが相次ぐ。病の親が高い薬礼を払えず、闇高利貸しから借りた金子が元で、女が売られていたようである。賢太郎は、親元に通い、高い薬礼を出した人物を特定した。闇高利貸しは神山与力が吟味し、賢太郎の推察が大きく物をいった。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

篁はるかさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント