このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は半年以上更新されていません。

吠声―隼人彷徨―④

小説 歴史・時代

吠声―隼人彷徨―④

吠声―隼人彷徨―④

コロク

わかちあえ、その痛みを。 「第十五回 歴史浪漫文学賞」 三次選考通過作品

休載中

15ページ

更新:2018/02/12

40枚

説明

国守を殺害し、ついに大規模な武装蜂起に踏み切った大隅隼人たち。
ヤマトは大伴旅人を司令官に任命し、大隅征討の大軍派兵を決定する。
宣撫工作のため軍に随行したカザトだったが、過酷な戦の現実を目の当たりにする。
長期化する戦のさなか、帰京命令にしたがったカザトだったが、大隅のヒギトが都を抜けて反乱軍に身を投じていることを知ると、貴志麻呂の姉と僅かな再会を果たしたのみで再び戦場へと舞い戻るべく都をあとにする―。

第七章 乱
第八章 いちじろく

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

コロクさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません