このページのリンクアドレス

エブリスタ
ロスト・エンパイア

小説 ファンタジー

ロスト・エンパイア

ほうや

若き剣士の物語

連載中

19ページ

更新:2018/01/18

説明

かつて世界の国々は争い、世界は混迷していた。

幾人もの英雄、豪傑、天才、革命家、指導者が自らを誇示せんと争う。

暗黒の時代とも呼ばれる戦禍と激動の時代。

やがて、幾つもの国が争う中、五人の英雄による小さな組織が台頭していく。

国とも呼べぬほど小さな組織は確かな理念と勝利、交渉により力を増し、やがては疲弊した国々とも和平を結び始める。

その集団は《神聖帝国》を名乗り、世界平和を目指していく。

いくつもの季節が過ぎ、世界は《神聖帝国》の支配下に置かれていく。

世界はようやく平和という楽園に近づいてきたように見えた。

そこからさらに200年が経った。

巨大な権力と化した国は少しずつ腐敗という病魔に冒されていく。それは必ず影のようにつきまとう。

小さな綻びが始まり。

やがてまた争いの火種が燻り始めた。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

ほうやさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません