このページのリンクアドレス

エブリスタ
今日も赤い雪が降る

小説 ファンタジー

今日も赤い雪が降る

柚木とわ

ある日教室の戸を開けると、そこでは砂漠化が進行していた……。

完結

51ページ

更新:2016/02/27

説明

長・妄想コンテスト参加作品。
ある日教室の戸を開けると、そこでは砂漠化が進行していた。


お局国語科教師「女帝」の怒りを買い、針の筵状態の夢野先生。
先生はある日「僕たち」に宿題を出し、次の授業で僕たちなりの答えを示してほしいと言う。
その次の授業日、教室の戸を開けると白い砂浜と青い海が広がっていたのだった……。


「僕たち」は果たして、夢野先生を見つけ出せるのか。夢野先生はなぜ教室を砂漠に変えてしまったのか。
果たして、その答えとは……。


選択テーマ
「教室の戸を開けると、そこには」で始まる小説を書こう

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

柚木とわさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント