このページのリンクアドレス

エブリスタ
蜩

小説 歴史・時代

aoisora books 短編集

aoisora

(2)

お前は睨んだほうが良い顔してる。

完結

15ページ

更新:2016/01/29

説明

ノリアキラ様主催【薄野百鬼夜行】参加作品。[リンク]


この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

のりあきら@再始動準備!
のりあきら@再始動準備!さん
【作品】蜩についてのレビュー

ネタバレ

 あけましておめでとうございますーッッ!!! この新春の良き日に、レビューを捧げさせて戴く栄誉をお与えクダサイませッ!!!

 当初の三人称バージョンをお読みになった方は、もしかしたら、aoisoraさまの「妖」なる物語の投稿があった!とその場ですぐに飛んでった私1人であったかもしれませんッ。

 その時は、もう、その三人称バージョンでの最後がとても素晴らしくて、「やっぱ、aoisoraさまが書くものにハズレはないーッッッ!!!!」と、何度もその余韻に浸らせていただきましたのでございますがッ。

 ……それを、ほんの数時間ほどであったと思うのですが、今度は「書きなおしたいの」とのお申し出。

 さてはて、あれほど完成度が高いのに、一体何をまださらにお求めにと思っておりましたところ。


 ……この、一人称バージョンの、御目文字でございました……!


 三人称よりも、もっと、彼女の心情が切々と。

同じセリフであるのに、沁み方が違います。

 あぁ、この気持ちが、この流れが書かれたかったのだとそう思いながら、こっちもまたタマラナクいいじゃないかーときゅんきゅんぞくぞく読み進めて。

 ……三人称の時と違うラストに、また、綺麗に真っ二つに心臓を切られたような心地になりました……ッ!


 うわぁ。このラストもカッコイイ……ッ!

そしてそして。

 たまらなく切なく「妖」だ……ッ!!!


 イベントの最後の最後のご投稿が、aoisoraさまのこの物語でありましたコト、まるでもう神さまにありがとうと言いたい心地でゴザイマス……ッ!!!

 飛び切りに魅力あふれる、切り口鋭く、切なく……優しい「妖」。

 堪能させていただきましたッッッ!!!

最後に一言だけ……ッ。


 三人称バージョン読めたのは、もしや本当に、私だけ?

なら……。

 うふふふふ! いーだろーッッッ!!!(嬉しがりッ!!!笑)

もっと見る

2016/01/03 23:24
コメント(5)

aoisoraさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント