このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

天龍争乱【残痕の射手】

小説 ファンタジー

天龍争乱【残痕の射手】

黒猫三番

闘争の乱世を生きる、ファンタジー戦記

休載中

18ページ

更新:2016/05/26

説明

龍歴が歴史に刻まれた最初の年より、戦乱と僅かな安寧の時は、薄い層を作りながら堆積を続けてきた。

沈殿した歴史の層を掘り起こし、その断面を読み取ろうとする遥か未来の歴史学者達に言わせると、龍歴五十三年は歴史学をファイリングする際に誰しも目印を付けにはずにはいられないという。

木々と神域の寵愛を受け、山間に暮らす長生族は、彼らの邦(くに)の周囲を大国に囲われ、種の砂時計は滑り落ちようとしていた。

長生族の青年ナドバ・青弓守・アルケイルは砂時計をひっくり返さんと戦場へと躍り出る。その中で、彼が出会ったのは異邦より来たという男、齋藤一見だった。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

黒猫三番さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント