このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は半年以上更新されていません。

赤の折り鶴

小説 恋愛 大人の恋

赤の折り鶴

nag

(1)

あなたはいつまで、折り続けるんですか?…

休載中

133ページ

更新:2017/05/12

説明

職場で陰湿なイジメを受けて、退職したばかりの主人公 瀧川トシコ(37)は、父親の兄と祖母が住む、長野県の田舎町へと一ヶ月静養する事になった。

笑いの絶えない家族の中で、少しずつ笑顔と元気を取り戻していく一方、家の側を流れる川から、木の船に乗った「赤の折り鶴」を拾う。

川上にある宿場町へと出掛け、食事処へ立ち寄った時、偶然にも川から流れてくる木の船と同じ置物を見つけ、トシコは、木の船を作っている民芸屋へ向かってみるものの、店の外でうっかり「赤の折り鶴」を落としてしまった。

探し歩いて辿り着いた先に居たのは、永田静雲(37)だった。

彼は初対面なのにも関わらず、トシコにひどい言葉を浴びせ、その場を追い返す。

だがトシコは、彼の言葉にどこか自分と同じで、深く傷付いた経験があるように思えて、頭から切り捨てられずにいた。

彼に近付く度に拒絶をされる。

でも私は…。

何故あなたが「赤の折り鶴」をいつまでも折り続けるのか…。

あなたを知りたいの…。

今の私なら、きっと分かってあげられるはずだから…。


製作BGM=浜崎あゆみfeatJUNO 「Why?…」





この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

nagさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント