このページのリンクアドレス

エブリスタ
おっちゃんが何かと私の邪魔をする。

小説 ファンタジー

SR:B 番外編

おっちゃんが何かと私の邪魔をする。

高瀬 悠

本当に信じるべき者はいつも私の傍にいた。【完】

完結

14ページ

更新:2016/01/05

説明

声はある日突然、私の頭の中に聞こえてきた。
『ゲームの世界へ行かないか?』
謎多き声主に振り回されながらも、私はこの世界のあることに気付いていく。
仲間との出会い、そしておっちゃんと騎士様との間で揺れる恋心。
現実世界と異世界を行き来するリアル・ファンタジック・ストーリー【番外編】。

あの時私は、相当幸せだったんだと思います。

掲載日:2016/01/05 18:24

※ これはSRB番外編です。
(表紙、作中挿絵の背景は別の方にお借りしています。)

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

高瀬 悠さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません