このページのリンクアドレス

エブリスタ
お伽恋歌

小説 恋愛

恋歌

お伽恋歌

mimiko

戦国時代。ただひとすじな想いが彩る、もうひとつの恋歌。

完結

49ページ

更新:2016/01/06

説明

三間坂城のひとり姫、琴葉は、

いつの頃からか、表情がない。

『鳴かず姫』とも『もののけ憑きの姫』

とも呼ばれる、曰くつきの姫だった。


だが、その姫と筒井筒で育った使用人の陸奥にだけには、

言葉にならない姫の気持ちが聞こえる。



戦国時代、身分違いのふたり、

ただひとすじな想いが彩る、もうひとつの恋歌。


イラスト コトハさん[リンク]

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

mimikoさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません