このページのリンクアドレス

エブリスタ
EP1:フラグナー代償の姫君ー

小説

虚飾のケミストリーアル

EP1:フラグナー代償の姫君ー

けんちょん

「この結末は虚飾だらけだ。何も変わらず、そして――誰も救われてない」

完結

312ページ

更新:2016/10/18

説明

※此方は虚飾のケミストリーアルシリーズの一章になります。
二章:[リンク]
三章:[リンク]

☆--------------------------☆

主力派閥によって既にクリアされた設定世界《ゲーム》。しかし、そこにはクリア条件不明のクエストが一つだけ残されていた。

クエストNo.00『この世界の真実を暴け』

数多くの者がこのクエストに挑戦してきたが、達成どころか影も形も掴めないまま挫折。
ついには”バグ”のレッテルまで貼られる始末で、上位互換のような第三の設定世界が公開される頃には、そのクエストに挑戦し続ける酔狂な人間は片手で数えられる程度になっていた。

その一人、平野恵流《ヒラノ エル》
彼は自他共に認めるゲスだった。

☆--------------------------☆

MR=Mixed Reality=複合現実とは。
仮想ではない現実空間に電子的な情報を上書きし体験する技術や、電子的な情報で拡張し体験を可能とした現実そのものを指す。

未だ発展途上にあるこの技術を、試験的に導入している学園があった。
MR設備は授業の他に提供企業側のデバッグを目的とした大掛かりなシステムに用いられている。

潜在色《シンボルカラー》と影響/効果《エフェクト》。
それは、この学園に在籍する者だけに許された、特別な非日常。

[Information]
☆特典は主に登場人物の能力をシート形式で紹介しています。
2月11日より投稿開始(という設定)
3月10日の新作セレクションに選出。
それもこれも瑞音さん[リンク]に戴いた素敵な表紙のおかげです。
拡大してみると細かい拘りが際立ちます。特に翼の描き込みは必見です(感動)。
ご愛読ありがとうございました(完結感)

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

けんちょんさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

この作品の参加イベント