このページのリンクアドレス

エブリスタ
ブタナゾール

小説

ブタナゾール

んりょっぷ

(5)

誰もが知っている卒業生。しかし、その卒業式を考える者はいない。

完結

57ページ

更新:2016/03/23

説明

朱里コウさま主催イベント参加作品。

テーマ「卒業」[リンク]


  (оо)


真面目な男子、椒(はしかみ)と、どこか歪んだ真面目な女子、鳳梨(ほうり)は笑っても泣いても卒業へ進むしかない三年生。

卒業の文字が目の前をちらつく二人は、あっという間に過ぎ行く期間をチャンスに代えるべく思いで作りの一貫として卒業生を探すことになる。

昨日までいた者がいなくなるのはとても寂しいものだ。

二度とその会えないと約束されている卒業生に対して、在校生はどの様な思いを抱くだろうか。


   (оо)

作中には関係ないことだが、鳳梨を日本人はパイナップルと呼ぶ……。

この作品のタグ

タグがありません

作品レビュー

しま
しまさん
【作品】ブタナゾールについてのレビュー

ネタバレ

卒業生の想いと訴え…。


特有性のある、んりょっぷさんの素敵ワールド、楽しませていただきました。
o(*>∀<*)o


まずね、サバサバとした爽やかな美少女、鳳梨ちゃんの魅力にやられちゃいましたよ。
うきゃー(ノ´∀`*)
淡々と独自な発想を大真面目に語るところがツボでした。どこからそんな発想が…。(笑)
でも彼女の話はスジが通っていて、なるほど~と感心しちゃうんですよ。
鳳梨ちゃん、好きー。

そしてこのお話のまさかの卒業生「豚汁」がものすごく可愛い!!
豚汁の行動の一つ一つが、もう、本当に愛らしくて抱きしめたくなっちゃいます。
(*´艸`)うぷぷ♪

椒のツッコミも楽しいです。笑わせていただきました。

お話の中の全ての登場人物が予想外の、先読みのできない行動をし、それが面白くて読み手の心を離しません。

豚の体脂肪率や血液型などの豊富な知識にも驚かされました。
ちなみに謎解き、最後の問題はわかりませんでしたよ。難しい~。
でも新しいカタチの謎解き小説、本当に楽しいです♪


豚汁のことが大好きで、誰よりもお別れを寂しいと感じているからこそ祝えない椒の気持ち、心の葛藤、決断には胸がつまり、とても考えさせられました。

素敵なお話を読ませていただき、ありがとうございます。



豚…鳳梨(パイナップル)…(黒胡)椒…。
なんとなく酢豚を連想してしまったのは、わたしだけじゃないはずっ!

もっと見る

2016/05/12 18:28
コメント(2)
イノ
イノさん
【作品】ブタナゾールについてのレビュー

ネタバレ

おもしろすぎて久しぶりに腹筋がピクピクなりました。んりょちゃん凄すぎ~(;A´▽`A

小説だと『謎解き=推理』ってイメージだったので、まさか本当の謎解きをしていくことになるとは…(笑)
エブのシステムをうまく利用した斬新な発想に、さすがんりょちゃんだぁ!て思いました。しかも問題難しいし(笑)
もう手加減してよ、んりょちゃんw
①③は分かったけど他のは考えることを放棄しました←(やれよ)

でも単なる謎解き小説じゃないのが、この作品の素晴らしいところ。

その先にあるメッセージは私たちが普段目を向けることを忘れてしまっている大切な部分で、命についてあらためて考えさせられました。

また、畜産などに関する知識も豊富に盛り込まれてあり、生き物や農作物を育てる大変さやそのなかで生まれてくる様々な感情や葛藤であったりを、まだ精神の未熟な青少年たちの立場でリアルに描かれてあります。

こういう作品は老若男女たくさんの人が読んだほうがいいよね♪謎解きもあって楽しめるし、命についても再認識するきっかけになる(*´ー`*)
それになんと言ってもストーリーの展開がおもしろくて読んでいて楽しかったです。

……余談ですが、私はときどき仕事で見たくないシーンを見るときがあります。
牛のアレだったり豚のアレだったり、
そうなる前のアレの状態とか…(アレが多すぎてイミフですね)
そういう日はちょっと気分が落ちますが、感謝する気持ちを思いだして食事をするようにしています。

ユニークで素晴らしい素敵な卒イベ作品をありがとうございました♪
執筆&問題作り大変だったでしょう。お疲れさまです(^_^)

P.S. 小さい頃(五歳くらいかな)に養豚場から抜け出した豚に追いかけられました。けっこう怖かったです←

もっと見る

2016/03/28 05:56
コメント(2)

んりょっぷさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません