このページのリンクアドレス

エブリスタ
僕は自分が特別じゃないことに気づいた

小説

僕は自分が特別じゃないことに気づいた

麻倉宗治

未来から来た自分は、加齢臭のする冴えないオッサンだった。絶望的な自分の未来とはー

完結

8ページ

更新:2016/06/11

説明

 自分が特別だと勘違いして、何も努力をしない僕は、無気力な日々を送っていた。
そんなある日、未来から来た自分だと言うオッサンが現れる。果たしてオッサンの目的は何なのか。

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

麻倉宗治さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント