このページのリンクアドレス

エブリスタ
とらわれの

小説 詩・童話・絵本

とらわれの

与那国アルガ

(6)

とらわれのお姫さまの元へ勇者さまが向かいます

完結

17ページ

更新:2016/03/21

説明

とらわれのお姫さまを勇者さまが助けに向かいます

はたして勇者さまは
無事にお姫さまの元へと たどり着くことが、できるのでしょうか

◇ ◆ ◇ ◆

ひろちん様主催

大人向け童話イベント「お姫さまが登場するお話」[リンク]参加作品です。

◇ ◆ ◇ ◆

2016.3.14
与那国アルガ @与那国atlantis

【更新履歴】
03/21・3ページ目の誤字を修正しました
03/14・公開しました。

この作品のタグ

作品レビュー

haori@多忙&LAN不調
haori@多忙&LAN不調さん
【作品】とらわれのについてのレビュー

ネタバレ

こんばんは&レビュー失礼いたします(^ ^)

思い返せば、作者さまのイラスト作品はこれまで拝見してきましたが、小説作品は初めてでした。が、イラスト作品に添えられた文はいつも素晴らしく、実は拝読前から期待しておりました(*^ ^*)

さて実際に拝読し、内容のことはひとまず置いておいて、文章のことに触れさせていただきたいと思います。ひと言で言えば、独特。ぽんぽんぽんと進むテンポがあって、読み手として文章に引っ張られていくと言いますか、それが大変心地良かったです。また、現代小説ではあまり使われないような難しい言葉も幾つかありましたが、それがこの作品を損ねることは全くなく、むしろ作品の雰囲気をより引き立て、それもすごいなぁと思いました。

次に内容については、ふふふ←( ̄▽ ̄;)アヤシイヤツデス
作者さまには騙されたところもありましたが、騙されなかったところもありましたとお伝えしておきます。ちなみに7ページ目の『とらわれの姫の 名のもとに』というここで、あれ?と思い、以降、怪しんで読み進めました。まあ、ミステリー好きの人間なので、どんな作品でも斜めに拝読しているところがありますので、この、あれ?は、おそらくあまり当てはまる方はいらっしゃらないとは思いますが←( ̄▽ ̄;)カワリモノデス。スミマセン


さてさてでは、素敵な物語をありがとうございました(*^ ^*)

ではでは、これにて失礼いたします。




追記。

3ページ目の初めの方『ただずんでいる』とありますが、『たたずんでいる』でしょうか?

もっと見る

2016/03/21 21:12
コメント(1)

与那国アルガさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント