このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は1年以上更新されていません。

天翔る白龍

小説 歴史・時代

天翔る白龍

百彪

(1)

南北朝時代に現れた幻の九州王国。天翔る龍の如き英雄たちの煌めきを描く。

休載中

93ページ

更新:2016/10/28

説明

時は南北朝時代。

幼少より戦乱の人生を宿命付けられた皇子と、

戦乱が生んだ憤怒の化身のごとき武士が出会った時、

龍の眠る大地が震撼する。







◇◆◇◆◇◆

資料が少ないので史実でない部分も多々あるかと思いますが、そこらへんは妄想とご愛敬で。

2016.6.1追記
フィクション多めに入れていきます。
トンデモ展開になるかも知れませんがあしからずご了承下さいませm(__)m

この作品のタグ

作品レビュー

百彪さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント