このページのリンクアドレス

エブリスタ
ウロボロスの世界樹

小説 現代ファンタジー

ウロボロスの世界樹

主道 学

(2)

世界的な夢の侵食にフリーターが立ち上がる。

完結

137ページ

更新:2018/11/07

説明

ある日、フリーターの赤羽 晶は、嵐の中喫茶店へと止む無く入った。

店主に勧められたコーヒーを飲んでから、唐突に赤羽の周辺で悪夢のような夢の侵食が始まった。異変の中、六人が仲間となる。
そのコーヒー豆には、南米のシャーマンによる邪悪な呪術が施されていた。

戦いを繰り返していくうちに、赤羽には他には無い力があることがわかる。

それは七番目の者へと覚醒する力。同時に太陽の力で夢の世界で覚醒することができる力。

夜と昼の怪物ウロボロス(メルクリウス)の蛇が現実を破壊する。

『決して死んではいけない! 生きろ!』

南米でのシャーマンとの最終戦争。

気楽なフリーターが世界を救う物語。

(注意。グロ描写とホラー要素があります)

改稿作業中です(汗)完成度上げてます。
内容はあまり変わりませんので、お気軽にお立ち寄り下さいませm(_ _)m
シリアスゲームノベル大賞に応募予定。

この作品のタグ

作品レビュー

主道 学さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

サポーター特典

スターを投げるとサポーターポイントを獲得できます。

この作品の参加イベント