このページのリンクアドレス

エブリスタ
スイッチ

小説 SF

スイッチ

そうじろう

2004年10月6日星雲社出版の「超短編集 傑作選 VOL・2」の自身の作品。

完結

2ページ

更新:2016/04/14

説明

2004年10月6日星雲社出版の「超短編集 傑作選 VOL・2」の自身の作品です。OLの高村 涼子はある日、上司の額にスイッチがある事に気が付いた。
 他の人間には見えないのか、誰一人反応を示さなかった。そこに、専務の西川から話しかけられある事を持ち掛けれ、困惑してしまうのだった。
「単刀直入に言う。彼のスイッチを押してくれ。礼金は、二億払おう」

 このやり取りが、私を忘れていた『現実』へと引き戻すなどその時は想像だにしなかったのだった……

この作品のタグ

作品レビュー

レビューがありません
最初のレビューを書こう!

そうじろうさんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント

参加しているイベントはありません