このページのリンクアドレス

エブリスタ
小さいおっさんはうちにいる

小説 現代ファンタジー

妄想コンテスト集

小さいおっさんはうちにいる

mimori @目がようやく回復傾向

(8)

都市伝説「小さいおっさん」実はうちにいるんだよね。

完結

6ページ

更新:2016/06/02

説明

妄想コンテスト「あれから○年後…」優秀作品に選んで頂きました!

*****

あたしは今日も、おっさんとひとつのラーメンを仲良く分ける。

たった一本の麺をもらって、おっさんはいつも満足そうに笑うんだ。

これは、そんな『小さいおっさん』をめぐるアットホームコメディ。



この作品のタグ

作品レビュー

haori@春のプロフ画男子祭り
haori@春のプロフ画男子祭りさん
【作品】小さいおっさんはうちにいるについてのレビュー

ネタバレ

こんばんは(^ ^) この度はイベントへの御参加ありがとうございました。レビュー失礼します。

最も印象的だったのは、最後の1文です。これでラスト、いえ物語全体ですね。きゅっと締まった印象です。もちろんそれは、3ページの初めにあった「フリ」あってのことだと思います。この短さゆえに、記憶にしっかりとそのフリが残り、そうして最後の1文。こういう流れは、個人的に大好きです。

この短さゆえに、ということでもうひとつ言わせていただきますと、このお話が、例えば倍の長さだったら、もしかしたら読者は、このお話に受け入れがたいものを感じたかもしれません。ツッコミどころが多くて。でもこの短さゆえに、登場人物たちの、通常なら受け入れにくい境遇をぽんぽんと受け入れていくその様は、かえって小気味よいものと感じられたのではないかと思います。

それにしても「小さいおっさん」という発想、その存在が終着するところイコール家族の終着点――本当によく考えついたなと、つくづく思ってしまいます。

お腹を抱える面白さではなく、ぷぷぷと笑ってしまう面白さを感じました。ありがとうございました(*'ω'*)

もっと見る

2017/06/29 23:34
コメント(3)

mimori @目がようやく回復傾向さんのその他の作品

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント